Facebookでシェア
twitterでシェア
Instagram

そろそろ花粉対策 2018春

pixta_21375560_l

今年のスギやヒノキの花粉飛散量は、例年並み〜やや多いと予報が出ています。
雄花が多いと花粉飛散量も増えますが、雄花の発育は夏の暑さ、日照時間そして雨量に大きな影響を受けるそうです。
暑くてお天気が続き、雨が少ない夏は翌年の花粉飛散量が増加します。

2月上旬に九州、四国地方がピークに。関東地方は下旬から増え始めます。
昨年の飛散量よりは多くなる傾向なので、早めの対策が必要かもしれません。

春の空気中は花粉だけでなくPM2.5、黄砂等様々な有害物質が飛散します。
一般的に、花粉>黄砂>PM2.5>ウィルス
の順に小さくなりますが、スギ花粉は黄砂の約6〜8倍、PM2.5の約12〜15倍ほどの大きさと言われています。

外で付いた有害物質は、なるべく部屋の中には持ち込みたくないものです。
お部屋の中の対策として、空気清浄機が有効です。
運転モード等、本体のスペックも重要ですが、やはり空気清浄機はフィルターの性能が一番重要です。
花粉はもちろん、小さなウィルスまでしっかり除去できるものを選びたいですね。

pixta_21375560_l

±0空気清浄機X020は高性能なHEPAフィルターを搭載しています。
「HEPA」はHigh Efficiency Particulate Air Filterの略で、半導体工場のクリーンルームなどで使用されている
高性能なフィルターです。
±0空気清浄機X020専用フィルターは、このHEPAフィルターをはじめ、2つの除菌フィルター、
脱臭フィルターと4層構造の一体型をしております。
小さなウィルスやホルムアルデヒドを抑制する、99.97%の高い集じん効果を持つフィルターです。
さらに脱臭カーボンフィルターも一体化しているので、匂いもしっかりキャッチします。

適用面積は約15畳ありますので、玄関、リビングの入口、キッチンスペースなど、生活スタイルにあわせて設置してください。

Facebookでシェア
twitterでシェア
Instagram