Facebookでシェア
twitterでシェア
Instagram

ブロガーRuneさんの「アートスムージーに挑戦!」

お料理上手なブロガーさんのレシピが毎日楽しめる「レシピブログ」。
±0は「レシピブログ」会員のブロガーさんに、暮らしのレポーターをお願いすることになりました。
ブロガーの皆さんが考案した、クッキングミキサーを使った簡単で美味しいレシピをお届けします。

ブロガーレシピレポートVol.25はRuneさんの「アートスムージーに挑戦!」です。
この夏にぴったりのエネルギッシュで素敵なアートスムージーですね!
.
.
2色のフルーツスムージーを作ってみました。
実はこの2種類は同じものが入っているのです。

左:キーウィフルーツとバナナにハチミツ 右:ブルーベリーにミネラルウォーターとハチミツ 画像なし:イチゴと豆乳クリームとハチミツ

グラスにキーウィフルーツとバナナを貼り付け
もう一つのグラスにはイチゴとバナナを貼り付けました★

右はイチゴスムージー、キーウィフルーツスムージー、ブルーベリーの順に注いで豆乳クリームを垂らしてマーブルにし、イチゴとミントの葉を添えました。

左のピンク色は、キーウィフルーツスムージー、ブルーベリー、イチゴスムージーの順に注いで豆乳クリームでハートの形を作ってみました。

味はと~っても美味しいのですが、飾り付けが残念!
アートとなると難しいです(*´Д`)

さて、クッキングミキサーB010の使い心地はトップのガラスのは厚みがあり、氷も砕けそうな感じがしますが、今回は果物を少し凍らせたものをスムージーにしてみました。

攪拌はすごい威力なので、あっという間になめらかになります。
イチゴを攪拌したときは付属のへらで下にある固形のイチゴを上に持ってきてまたミキサーにかけます。
付属のへらを使えば中に残ることもなくスムージーが出来ます。

上をプッシュするだけなので余分なボタンもなくシンプルで素敵♥▽♥
台所に置いておくだけでいい感じです。

スムージーの仕上がりはそれなりに美味しいし、ちょっと見た目はいい感じに仕上がったと思います。
もっと腕を磨いて素敵なアートにしたいな・・
というのが私の自己評価ですが、今度作るときはまたアートスムージーに挑戦して頑張りまーす。

スムージーの作り方

*材料と分量*
2人分

【キーウィースムージー】
キーウィフルーツ…2個
バナナ・・・1/2本
ハチミツ・・・小さじ1

【ブルベリースムージー】
ブルーベリー・・・カップ1
ミネラルウォーター・・・100cc
ハチミツ・・・小さじ2

【イチゴスムージー】
イチゴ・・・1パック(飾り用5個はとっておく)
豆乳クリーム・・・100cc
ハチミツ・・・小さじ2

*作り方*

グラスにキーウィフルーツとバナナを貼り付けもう一つのグラスにはイチゴとバナナを貼り付ける。


クッキングミキサーB010を使い、キーウィ、ブルーベリー、イチゴスムージーをそれぞれ攪拌し作る。それぞれ攪拌したらカップに入れておく。


画像右のトップがブルーベリースムージーは、イチゴスムージー、キーウィフルーツスムージー、ブルーベリーの順に注いで豆乳クリームを垂らしてマーブルにし、イチゴとミントの葉を添える。


画像左トップがピンクのイチゴスムージーは、キーウィフルーツスムージー、ブルーベリー、イチゴスムージーの順に注いで豆乳クリームでハートの形を作る。

±0のクッキングミキサーB010の商品レビュー
まずはシンプルなデザインに魅了されました。
今回はスムージーを作りましたが、使い勝手も良く、上から押すだけでアッという間に攪拌されます。
不必要なボタンもないのでキッチンスペースに置くだけでお洒落でカッコが良いので大変気に入ってます。
.
.
ブロガーRune様
レシピと画像はブログ『Creative Cisine』より「「±0暮らしのレポーター」 就任★使ってみようクッキングミキサーレシピ★アートスムージーに挑戦!」の一部を抜粋させて頂きました。

>>レシピブログ「±0暮らしのレポーター」はこちら(外部サイトになります)

レシピの使い方
・小さじ1は5ml、大さじ1は15ml、1カップは200mlです。
・材料の(g)表記は目安です。
・レンジの種類によっては中の具材が溢れる場合もありますので、時間や量を加減をしてください。
・使用している電子レンジは600Wです。500Wの場合は1.2倍を目安に時間を設定してください。
・ガラスタンブラーの目盛りは目安です。調理の際は計量カップをご使用ください。
・カロリー(kcal)の表記は一人分です。
・電子レンジ加熱後のガラスタンブラーを取り出す際は、ふきんやミトンを使用し、やけどにご注意ください。
Facebookでシェア
twitterでシェア
Instagram