faqPanel Heater C020(パネルヒーターC020)

特徴は何ですか?

・使われるシーンを考えた省スペースな縦型パネルヒーター(標準的な押入れに立てたまま収納可能)。
・熱源には熱効率の良いアルミ熱板に埋め込んだシーズヒーターを使用。 
・遠赤外線塗料を塗布していますので、照射された遠赤外線の効果で体の中からあたたまります。
・全方向移動可能なキャスター付き。
・強(900W)/弱(450W)の2モード運転。
・見やすいLCD表示パネル(モード表示、時刻表示、ON/OFFタイマー表示、現在温度表示)。
・時計式で使いやすいON/OFFタイマー搭載。
・切り忘れ防止機能搭載(12時間で自動的にOFF)。
・転倒時自動OFF、温度過昇防止器(サーモスタット)搭載で安全。
・ガードにはフロッキー加工(植毛加工)が施され、万が一手で触れたときも熱さを低減します。
・誤作動防止機能(電源ボタンは2秒の長押し)。

既存品X010との違いは何ですか?

・製品本体の色が既存品X010のホワイトからライトグレーに変更となりました。
・ヒーターの見直しによって900Wでも既存品X010(1,200W)と同等以上のあたたかさが得られ、また電気代の節約も出来ます。
・既存品X010にあった自動運転モードを廃止し、シンプルな強弱2段切り替えとなりました。
・自動運転モード用の温度設定も廃止し、室温のみの表示となりました。
・表示パネルの背景の色を既存の灰色からオレンジに変更することで、コントラストが付いて見やすくなりました。

タイマーはありますか?

ON/OFFタイマーを搭載しています。時計式ですので、ONタイマー時は「XX時XX分電源ON」と設定しやすいです。
OFFタイマー時は「XX時XX分電源OFF」と設定します。ONタイマーとOFFタイマーは併用できます。

メモリー機能はありますか?

差し込みプラグをコンセントに差し込んでいる時は、電源をOFFにしても前回使用時の運転モードと設定温度を記憶します。

マイカヒーターに比べて、アルミを使ったヒーターの特長は何ですか?

アルミは熱伝導が良く、比熱が小さい為に熱を放出しやすいです。さらに表面に黒塗装(遠赤外線塗料)することにより、
更に熱が放出しやすくなり、体に浸透しやすい遠赤外線が放出されます。
安全面でもマイカヒーターは強度が無く吸水しやすいので、外部からの力と水に弱いデメリットがあります。

組立は必要ですか?

梱包状態ではスタンドが別となっていますので、付属の取付けネジ2本で固定してください。工具は使用しません。

お手入れはどのようにすればよいですか?

本体の汚れは乾いた柔らかい布で拭きとってください。
汚れがひどいときは、うすめた台所用中性洗剤(食器用)をしみこませたやわらかい布で拭いてから、乾いた布で拭きとってください。
本体正面の放熱面、天面(後)の放熱口、下面の吸気口などのほこりは掃除機で吸い取ってください。

通電開始時や使用後に、本体から「パチパチ」と音がしますが故障でしょうか?

本体金属部分の熱による膨張、収縮による音で、故障ではありません。

通電中「ジイー」と音がしますが、故障でしょうか?

ヒーターが熱によりわずかに振動する音で、故障ではありません。

通電中にニオイがしますが、故障でしょうか?

初めてご使用になるときには、煙や塗料のニオイなどが出ることがありますが、ご使用にともない少なくなります。
使い始めはニオイがこもらないように周囲の風通しを良くしてご使用ください。

使用に伴い前面のガードのフロッキーが変色してきました、故障でしょうか?

フロッキー加工(植毛加工)の特性上、熱によって変色することがあります。
焦げているわけではありませんので、安心してお使いください。

安全への配慮はありますか。

誤作動防止の為、電源ボタンは2秒の長押しとなります。
12時間でオートOFFになります。
安全性のため必要な機能ですので解除はできません。

転倒時は自動OFF、温度過昇防止器(サーモスタット)を搭載しております。
正面ガードにはフロッキー加工(植毛加工)が施され、万が一手で触れたときも熱さを低減します。

※取扱説明書の誤表記について
9ページに記載されているON TIMER設定時の表示部の図に誤表記がございます。
ON TIMER設定をし確定すると、実際はMODE切替部分(強、弱)は表示されません。
ご迷惑をおかけし申し訳ありません。